• TOP
  • サンアイのコウモリ撃退の方法

こんなお悩みはありませんか?

コウモリ被害またはその兆候に気付いたらサンアイにご相談ください

家の周囲に米粒大の糞が点々と落ちている

コウモリがお宅に飛来している証拠です

夜、天井や屋根裏からカサコソと何かが動き回る音がしている

小さくて軽いコウモリらしい音です

あるとき突然、部屋の中にコウモリがどこからか飛び出してきた

天井裏や壁裏に潜んでいた可能性があります

外壁に黒ずんだ汚れが付いているのを発見した

コウモリが頻繁に出入りしている侵入口が近くにあるはずです

最近、アンモニア臭が家の中に漂っていて気になる

コウモリが特定の場所に居ついている証拠です

サンアイのコウモリ撃退の方法

岐阜・愛知・三重で害虫・害獣駆除に実績のあるサンアイでは、「コウモリをどういう方法で撃退しているのか」「どんな道具を使って、どのような手順で対策するのか」「再侵入防止策はどう講じるのか」など皆さんが興味をお持ちの点について詳しくご説明します。コウモリ被害にお悩みなら、🆓0120-029164またはこちらからお気軽にご相談ください。

サンアイのコウモリ撃退について(現場調査~コウモリ追い出し、侵入箇所の補修まで)

サンアイのコウモリ撃退にはどんな特長があるのか、どのような方法で侵入者を追い出すのか? 追い出した後は侵入箇所をどこまで補修してくれるのか──など、皆さんが気になる点について詳しく解説します。

サンアイはここが違う
  • コウモリの生態を踏まえて調査を実施します。
  • 侵入口だけでなく、建物の構造も念入りに調べます。
  • 侵入される可能性がある他の部分についても対策の提案が可能です。
  • 状況に応じて汚損箇所の清掃を実施します
  • 他社で断られた、施工できないと言われた場合もぜひご相談ください。
  • 調査と経過観察やフォローにも時間をかけるため訪問は4~5回に及びます。
徹底した調査

徹底した調査

コウモリを確実に撃退するには、徹底した現場調査が欠かせません。まず、お客様へのヒアリングを行い、いつ頃コウモリの侵入があったか、具体的な被害はどの程度なのかを確認。次に、天井裏や壁の中などコウモリが潜んでいる場所を探すと同時に、彼らの侵入経路を特定します。こうした調査は、他社であれば30分程度で済ませてしまうところですが、当社は約1時間かけてしっかりと調査いたします。

調査後、10分程度でお見積もりの提出が可能です。その際、屋根裏など現場を撮影した写真をお客様にお見せしながら状況を丁寧にご説明いたします。また、どのような施工を実施するかについてもご提案いたしますので、ご不明な点等ありましたらお気軽にお尋ねください。納得いただけましたらご契約となります。ご契約後は、お客様と施工スケジュールなど詳細のすり合わせを行います。

コウモリ追い出し

コウモリ追い出し

サンアイでは独自の方法でコウモリの追い出しを行っています。通常の業者が薬剤を用いてコウモリを追い出すのとは異なり、コウモリの生態に精通している当社は、彼らが交尾や捕食のために屋外へ出る習性を利用して侵入口に金属製の網を仕掛け内部への侵入を防ぎます。コウモリは同じ入り口を利用する習性があるため、侵入経路を絶つことでコウモリ被害を繰り返す心配がありません。ただし、網を仕掛けた部分以外に容易に侵入を許してしまいそうなすき間や穴がある場合は、調査に基づいて可能な限りネットで覆うなどして別経路からの再侵入も防止します。

PICK UP煙霧機や薬剤を使うと...?本当に大事なのは○○○させないこと!

サンアイは、安心・安全・丁寧な仕事を心掛けています。まずはお客様とお客様の大事なご自宅をお守りするために、煙霧機や薬剤ではなく特許を取得した独自の仕掛けを用いてコウモリを追い出します。多くの業者様は、煙霧機を使用し大量の煙をコウモリに吹きかけて追い出し作業をされていますが、身体の小ささが特徴でもあるコウモリは内壁と外壁の間に入り込んでしまうので、そうなると煙が届かなくなってしまいます。また薬剤を用いて撃退されることも多く見られますが、その薬剤でコウモリが死んでしまったら?死体が天井に残ってしまいますよね。
サンアイが目指すのは確実な撃退です。コウモリは、夕方から夜にかけて外へ餌を探しに行きます。外での食事が終わると帰巣本能でまた戻ってきてしまいますが、当社独自開発のコウモリキーパーを設置することで侵入ができません。そう、本当に大事なのは再侵入させないことなのです。もちろん、煙霧機や薬剤も強い味方ではありますが、重要なのはコウモリが出て行ってから。「同じことを繰り返してほしくない」そんな思いから開発したコウモリキーパー、ぜひ一度お試しください!

侵入箇所の補修

侵入箇所の補修

コウモリの体は想像以上に小さく柔軟なので、ほんのわずかなすき間や1円玉ほどの穴があればそこから簡単に侵入してしまいます。そこで、サンアイではコウモリを追い出した後に侵入の可能性があるすき間や穴をすべてふさぎます。後からできた亀裂や穴はパテなどで完全に埋めてしまいますが、通気のために計画的につくられた穴、すき間はその機能を維持するためにもコウモリの侵入を許さない特殊なステンレスネットを使用。このステンレスネットは内部から出るのは簡単ですが、外から入ろうとするとステンレスの先端部分(写真赤丸部分)がコウモリの体に刺さるため効果的な侵入防止策になります。

独自開発の飛来防止ネットで再発予防対策も確実に

独自開発の飛来防止ネットで再発予防対策も確実に

サンアイのコウモリ撃退は、現場の徹底した事前調査から始まります。そしてお宅に居ついていることが明らかになれば様々な手法を使って家の中から追い出し=撃退します。追い出した後は、コウモリが居ついていた場所を精査して、必要であれば汚損した箇所を徹底して清掃し、消毒します。

ただ、追い出した後も、帰巣本能によってコウモリが元いた場所に戻ってくる可能性があります。だから再発防止策が重要。サンアイでは、被害の再発を予防するために、独自開発の『飛来防止ネット』を張って侵入経路を完全にふさぎます。この再発防止のノウハウはサンアイ独自のもので、他社にはマネができません。

PICK UP『飛来防止ネット』でコウモリ被害の再発を徹底防止

コウモリ対策では撃退以上に、被害の再発防止がより重要になってきます。哺乳動物のコウモリは鳥より格段に賢く、帰巣本能に基づいてもといた場所に戻ろうとするからです。

だからこそ、“追い出した後”が肝心。サンアイでは、『飛来防止ネット』を張って侵入経路を絶ちます。なお、このネットはステンレス製で丈夫ですが、非常に細かい網目で柔らかくできているため、コウモリの体を傷つけることがありません。保護動物に対する配慮もサンアイならでは、と言えます。

コウモリを“寄せ付けない”“止まらせない”“奥に行かせない”ための工夫が凝らされているのが『飛来防止ネット』。外見上は目立たないネットですが、超音波で進行方向にあるものを捉えるコウモリには障害物と映り、再侵入を断念させるきっかけになります。また、本製品は、樹脂製ではなく長期の使用に耐えるステンレス製のネットですが、軽くフワフワしているのでコウモリが止まるには不安定で、“居つき”を防止します。しかも、網目の直径が6ミリと細かいため、どんなに小さい個体でも侵入できません。

お客様のコウモリ被害を完全に解決したい──との想いから、本製品もステンレスネットを作る機械(板金折り曲げ機)も自社で開発しました(特許申請準備中)。

料金表

サンアイではご予算やご要望に応じて工事の内容を柔軟にお選びいただけます。なお、ご希望がございましたらお気軽にお申し出ください。

基本工事
追い出し基本工事(コウモリキーパー使用)

コウモリを追い出して再侵入を防止する工事です。

  • 調査
  • コウモリ追い出し
  • 侵入箇所修理(1~2箇所)

38,500/箇所(税込)

オプション
侵入予防工事

今後、コウモリが侵入すると予想される箇所を補修する工事です。

  • 調査
  • 侵入予想箇所修理
  • 5年保証

3,300~5,500/箇所(税込)

3,300~5,500/m²(税込)

寄り付き予防工事(飛来防止ネット使用)

コウモリが寄り付かないようにする対策です。

  • 調査
  • ネット対策
  • 5年保証

3,300~5,500/m²(税込)

天井裏清掃

コウモリを追い出した後に残った糞やダニなどを除去します。

  • 糞、ダニなどの処理、清掃、消毒

27,500円~/棟(税込)

※状態、被害状況などにより料金が変わることがあります。